電子マネーとは

今や日本国内で当たり前のように普及しているのが「電子マネー」といわれるものです。かつては現金を持ち歩かないスタイルといえばクレジットカードが主流でしたが、現在では電子マネーと分類されるさまざまなサービスが普及し、わたしたちの身近なところで気軽に使用できるようになっています。そもそも電子マネーとは、現金の代わりに支払うことのできる電子のお金で、利用前にあらかじめ幾らかチャージ(お金を補充するということ)しておくか、利用時に不足していても自動的にチャージできるといった方法で、まったく現金を使うことなく支払いを終わらせることができる仕組みです。

このようにチャージする必要のある電子マネーを「プリペイド型」といい、またチャージする必要のない後払い方式の電子マネーを「ポストペイ型」と呼んでいます。現在、電子マネーには大きく2種類の系統があり、交通系と商業系に分かれます。交通系とは全国のさまざまな交通機関が発行している電子マネーで、現在30種類以上が存在しており、そのうち何社かは全国で相互利用できるようになっています。このカードを1枚持っていれば、相互利用できる全国のバス・電車に乗ることができるほか、提携している店で買い物をすることも可能です。一方、商業系の電子マネーはカード会社や商業系企業が発行しているもので、交通系よりも利用範囲が広いものが多いという特徴があります。現在は、コンビニやスーパーなどはもちろん、自動販売機などでも利用することができます。

▽特選サイト
電子マネーの代表格であるクレジットカードを比較して紹介している情報サイトです ⇒ ⇒ クレジットカード 比較

電子マネーの形態

電子マネーには幾つかの形態が存在します。もっとも普及しているのがカードタイプのものです。交通系電子マネーでは定期券やクレジットカード機能を備えたものもあり、1枚であらゆることがこなせる便利なカードとなっていて、クレジットカード機能が付い・・・

電子マネーとポイント

電子マネーを賢く使えばポイントが貯まる上に、そのポイントをさらに利用して買い物などをすることが可能になります。先述した「ポストペイ型」の電子マネーは後払い方式で、いわゆるクレジットカード払いの扱いとなります。したがって、普通にクレジット・・・